肥満関連遺伝子  漢方も


4月17日の産経新聞で「肥満関連遺伝子」というタイトルの記事を読みました。「肥満関連遺伝子」は約130種もあるそうで日本人は3つのタイプに大別されるそうです。遺伝子のタイプによって肥満の原因や体型が異なり、効果的な対策を紹介し、遺伝子タイプを判別できる「遺伝子検査ダイエット対策キット」も販売されているそうです。
中医学では肥満を治療する際に次のように弁証します。
情緒が不安定でいらいらしやすくストレスを感じると食欲が異常に旺盛になる気滞、疲れやすく食事の量がそれほど多くないのに肥満になる気虚、若い頃は痩せていたのに加齢とともに太りはじめる腎虚などなどが挙げられます。これらのタイプによって漢方薬を選ばなければ効果は得られません。
臨床では、漢方で病気を治療している途中で、知らず知らずに症状だけではなく肥満も改善されることがあります。これは正しい弁証論治の結果ではないでしょうか。

中医学を学ぼう!! 中医学の知識を身に着けよう!!

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)