高血圧 肝陽上亢 抑肝散


P1010514.JPG 
 高血圧では、肝陽上亢の体質が多く、杞菊地黄丸で治療するということを
 昨日ブログで紹介しました。
 この話では、中医学の観点から見ると、
 同じ肝陽上亢でも、
 肝陽上亢が酷い場合もあれば、肝腎陰虚が酷い場合もあります。
 という違いがあると考えられます。
 治療においては、
 前者に抑肝散が良いということですが、杞菊地黄丸は後者に適応することです。
 中医学では、一つの薬で、何でも対応できる考え方がありません。
 
 中医学を勉強する目的は、
 それぞれの体質に合わせ、適切な薬を効果的に投与することにあります。
 
 この考え方と治療行為などを、「弁証論治」といいます。
 ご参考まで 
 
 

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)