あなたは熱のある人?それとも?


漢方相談で「あなたは熱がある人ですね」と言われたことありませんか?

中医学(漢方)でいう「熱がある」はカゼや病気による「発熱」とは異なり、体温計で計測しても平熱のままです。

この「熱」によって起きる症状としては、口渇(口中やのどが激しくかわき、水分を欲しがる状態)、舌の色が赤くなる、便秘や便が乾燥したりコロコロした状態、尿の色が黄色くなるなどの特徴が見られます。

これらの症状が当てはまる方は、唐辛子など辛味の食品やお酒の飲みすぎ、ストレスなどに気をつけられると良いかと思います。

また、体が熱っぽくなる場合は、発熱のほかに気虚、陰虚などが考えられます。
特徴としては、疲れやすい、疲労によって体が熱く感じることが挙げられます。

漢方処方を行う場合は、気虚や陰虚の判断を誤り、清熱薬を過量に用いれば、副作用を招きかねませんので注意が必要です。病気の症状の特徴を掴み、正確に病因病理の状態を把握してから効果的な漢方薬を処方する事こそが、中医学の主な目的です。
体に熱があるか_n

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)