中華料理 脾虚 参苓白朮散


中国で食べる中華料理は、日本の中華料理とは「似て非なるもの」です。高級レストランで頂く料理も、町の小さな食堂で食する料理にしても、美味しい料理に出会えるのは旅の楽しみです。

中国を訪問したことがある方は経験したことがあるかもしれませんが、二~三日で中華を食べ続ける場合、最初は美味しく食べられるのに、次第に食欲低下、軟便或いは下痢、お腹が張り或いは腹痛等の症状が出てくる話をよく聞きます。

中国では消化を助けるために羊羹の薄切りのようにした山楂子を食べます。この程度で食欲が改善するなら問題はありませんが、もし効果が得られない場合は、脾気虚の可能性を考慮しましょう。

脾気虚は、筋力が弱い、疲れやすい、食べ合わせが悪い、油っぽい料理を食べるとすぐに便が緩む、嘔吐或いは吐き気が生じやすい等の症状が多く見られます。

脾気虚であれば治療薬は、参苓白朮散で対応した方が良いと思います。

中国でも参苓白朮散は手に入れやすい漢方薬のひとつです。

中国に行った場合、美味しい中華を食べ続けるためにまず漢方薬局に行って、この薬(写真)を購入して飲んでくださいね。
食べ過ぎた後に、健胃消食片も効果的です。

      健胃消食片と参苓白朮散の写真
健胃消食片JPG

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)