冷えがあるのに、手のひらが火照る


臨床では、テキストに書いてある通りの症状を訴える模範的な方はいません。
こんな方がいらっしゃいました。
四肢に冷えがあり、舌に歯痕、泄瀉、腰痛等の症状があるので、ここまで聞いたところで「陽虚」と判断しようとしたころ、「手のひらが熱いです」とおっしゃいました。
このような相談、結構多くてお店の薬剤師は困るのです。
陰陽両虚?陽虚?陰虚??どれでしょうか。きっと頭の中は「???」で、さぞお困りの事でしょう。
断片的な学習では、このような症状から正しいく判断するのは無理があります。
中医学のプロとしては、先ず実証か虚証かを判断して、もし陰陽両虚なら、陽虚から陰陽両虚になったか或いは陰虚から陰陽両虚になったかを分析しなければ、相応しい処方を提供できません。
また実証なら、その原因を見つけなければなりません。

このような複雑臨床情報を正確に分析して効かせるような漢方処方を出せるような人材を育成して、病気に苦しい患者に貢献したいと考えています。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー, 漢方症例. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)