あいうえおの「あ」から


今回の香港訪問で業務のお手伝いを現地の日本人にお願いしました。
彼の話で印象に残った話があります。彼は中国に留学する際のクラス分けテストで上級クラスに分けられたそうです。これには理由がありました。日本人は漢字が読めるので他国の生徒に比べて、漢字を見た瞬間に正しい意味が解らなくてもなんとなく想像で答えることができたそうです。幸か不幸か偶然にもテストの結果が良かったため、上級クラス入りが決まったそうです。しかし彼は全くついていくことができず、ほぼ一年間を無駄に過ごしました。あいうえおの「あ」から、しっかり勉強することの大切さを知りました。と、おっしゃていました。今では私の知る限りで、中国語が最もうまい日本人であると感じました。
中医学の学習においても、同様のケースはしばしばあります。なんとなく解ったつもりから、正しい理解へしっかりと学習を重ねましょう。


国際中医師アカデミーとうぎ先生の【中医学日記】

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)