睡眠は健康の根本 「寝た~」


昨日のブログで眠りに悩むお父さんへ「眠り時間計HSL-001」について自分の感想を書きましたが、睡眠は時間だけでなく睡眠の質の良し悪しが不眠の判断基準になります。


道具に頼らず睡眠の質を理解するのに最もよい方法は中医学の弁証論治の際に、「眠れますか?」ではなく、起床時に「寝た~!気持ちよく起きた!」という爽快感があるかないかを確認します。起床時に爽快感があれば、当然不眠とは判断できません。もしまだ眠い、疲れがなかなか取れない、起きられないなどなどがあれば、それは不眠を判断する理由のひとつになります。
睡眠の原因が陰虚か、心脾両虚かなどを鑑別するためにも起床時の感覚は貴重な情報源になりますので、先ず「寝た~!」という状態を確認する必要があります。
国際中医師アカデミーとうぎ先生の【中医学日記】

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)