中曽根康弘元首相の「転換への挑戦」


 

産経新聞「転換への挑戦」中曽根康弘元首相のコラムが掲載されていました。

記事の中に、「今の国会議員に昔のような躍動力がなく、未知の世界に果敢に挑戦していく気概が薄い。」という心に残る一文がありました。

中医学では五臓に其々「志」があり、思考力は脾に、決断し挑戦する力は肝胆にあります。その為、政治の情勢を正確に読みとり、尚且つ分析し行動に移す「挑戦力」は、脾と肝胆の健康状態に強く関与すると考えられます。

中曽根康弘元首相の「気概」を濃くするために脾と肝胆の力を強め、また脾と肝の関係を調和する必要があると思います。そして五臓すべてが健全に働くことで、健康でよい仕事ができます。

→漢方学ぶ 漢方活かそう←

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)