怒る!漢方薬の間違った使い方


いつもランチでお世話になるグランドプリンスホテル新高輪「桃李」で働くお嬢さんは、最近湿疹で悩
み、自宅のそばの内科医で診察してもらい漢方薬が処方されたそうです。

処方された漢方薬を見せてもらい、つい怒りがこみ上げた!!

漢方による治療方針を全く無視して、効能書きで選んだ薬を4種類、何の加減もせず服用させるのは、あまりにひどい。

あくまで漢方薬の選択は、効能書きだけに頼るのは誤り治療の原因の一つです。

正しく効果的に漢方処方を使用する前提は中医学の理論の学習にあることを理解していただきたいものです。




→漢方学ぶ 漢方活かそう←

国際中医師アカデミーとうぎ先生の【中医学日記】

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)