逆子の治療 至陰というツボ


  
 逆子の場合に、中医学では、至陰(しいん)というツボで治療することができます。
  至陰という意味は、陰の中の陰という意味でもあります。
  このツボに施術方法が二つ挙げられます。
  一つは温灸することです。冷え性体質によいです。
  一つは刺し、出血させることです。実証(?血と胃熱など)によいということです。
 ご参考まで、

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)