模擬試験の反省


今回の模擬試験の反省は以下のように考えています:
 1、概念を正確に理解するために、もっと詳しく説明する必要がある。
 2、分析のプロセスを身につけるために、もっと厳しく訓練する必要がある。
 3、其々の科目の特徴を分かりやすく重点的に教える必要がある。
 4、試験を通して、受験者の臨床力を高めるために、もっと適切な教育方法を制定する必要である
 5、試験をクリアしても、入門の段階に過ぎないことを気付かせる必要がある。
 6、皆さんの成長のための環境作りが必要である
 7、中医学は臨床医学である。だが、理論の勉強をきちんとしなければ、臨床活動を上手く出来ないことを理解する機会でもある→症例検討などの勉強も必要である。
 8、基礎理論から方剤までの勉強の最初の目的は、内科学の習得にあることを気付かせる必要がある。
 9、臓腑弁証は基本であることを改めて骨髄まで理解することが必要である。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)