国際中医師試験のポイント




5月30日(土)、31日(日)は、国際中医師試験開催日です。

試験は、5教科6科目。

一科目あたりの選択問題の出題数は100問と多いため、準備をしっかり整えておく必要がありますが、最大の難関は、弁証論治中医カルテ作成の筆記試験です。

この弁証論治試験では、多くの参加者が緊張のあまり、頭が真っ白になり、ふだんは書ける方剤名や中薬名が書けなくなる場合があります。

一度、頭が真っ白になると、前後、隣の席から聞こえる鉛筆の音が気になり、更に思考力が散漫なり、諦めモードになりがちです。

そんな負のスパイラルに落ち込まないために、試験開催日が間近に迫りましたので受験者の皆様に、「弁証論治試験・カルテ作成の注意点」と題し、胸痺の症例を基に、カルテ作成の流れと診断の手順などをご案内しました。

類似する病証との鑑別要点として、こんな症状があれば、胸痺と診断します、とか、この脈象が見られれば、証候名の判断ポイントになります、などなど。

しっかり復習し、診断する上で大切な症状を覚えておけば、ちょっとのことでは慌てずにすみます。これまでの努力は裏切りません。

アカデミーのハードな学習カリキュラムを修了されているのですから、落ち着いて問題に取り組んで下さい。皆さんの良い結果を待ちたいと思います。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)