脳梗塞から認知症 父のこと 1


2月6日の朝、私の父が脳梗塞で倒れ、病院に救急搬送されました。
当初、意識はありましたが、体を自由に動かすことができず、次第に意識不明になり混沌とした状態におちいりました。
急遽、帰国し病院に駆けつけましたが、この時既に高熱、譫語、躁動などがみられ、危険な状態です。
病院の処置のおかげで幸い意識を取り戻しましたが、同時に認知症の症状が現れ、目を離せないようになりました。しかし、これ以上変化がみられないので、思いきって父を退院させ漢方薬で治療することを決意しました。
結果としては、非常に良いものでした。昨日は、近くのスーパーへ一緒に買い物にも行くことができたのです。一時は、最悪の事態を想定しただけに、嬉しいの一言です。
この経験を次回のブログで紹介したいと思います。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 中西医結合, 国際中医師アカデミー, 漢方症例. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)