冷え症4 末端の冷え体幹は熱い。薬は?


四肢末端の冷えと体幹が熱い方は、ストレスの影響などから、陽気が閉じ込められて四肢に到達できず、四肢の冷えが起きます。治療薬は、四逆散(しぎゃくさん)で、柴胡・芍薬・枳実・甘草の4味で構成されており、日本の病院でも取り扱いわれている方剤です。
四逆散は、調和肝脾剤に属し、肝気鬱結や脾虚不運の治療に用いられ、熱厥のような冷えのほかにも「肝脾不和」による消化不良、下利などの治療にも用いることができます。
病理を理解し適切な方剤を選択する力は、理論の学習が土台になります。
読んだらわかった、聞いたらわかった・・気がする」では、誤用に繋がりかねません。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)