漢方薬と処方箋


漢方薬を処方調剤で服用できるのは、患者側にとっても費用の負担が少なくなるので良いことだと思いますが、問題点もあります。
漢方薬を処方調剤で服用する場合、ほとんどの方が煎じ薬ではなく、一包ずつエキス顆粒の形態で服用しますが、本来であれば病気の状態に合わせて方剤の加減を加えてもらいたいと感じます。寒熱虚実を無視して、この症状にはこの漢方薬という出し方は、無責任な行動と思います。
医師に資格が必要なように、中医学の理論を学び弁証論治による治療が行える「力」を養わなければ結果的に病気で苦しむ方を悩ませることになります。
漢方を用いる判断は、西洋医学の理論ではなく、中医学の理論からであるべきです
患者の病を治すための漢方薬を処方するならは、中医学の弁証論治の原則に従っていただきたいです。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)