衆議院選挙「声がかすれる」


選挙戦に幕がおり、新たな内閣が誕生することになりました。
12月4日に選挙の公示が行われ、各党の党首をはじめ、立候補者の舌戦が繰り広げられました。結果はどうあれ、昨日の開票速報で記者会見に応じる党首の皆様方、一様に声がかすれて疲労の痕跡を感じました。
中医学では、「声がかすれる」病理を「金破不鳴(金、破して鳴かず)」と言い、この疲労の痕跡は、肺気が損傷したために出現する症状の一つです。肺気がかなり消耗されて喉へ津液を運ぶ力が弱く陰液が上行できず咽喉部を潤わすことができなくなるために声がかすれてしまうと考えられています。
この痕跡に、疲れ、呼吸が荒くなる、水を飲んでも喉の乾きが改善されないなどの症状を伴うなら、肺腎虚の可能性が高いと思われます。また、元々脾気が弱いなら、下利、食欲低下、食後にお腹が張る、げっぷなどの症状が顕著に現れるかもしれません。
遊説のため、分刻みの多忙なスケジュールで数多くの演説をこなしたのですから、「声かすれ」は謂わば政治家にとって勲章のようなものかもしれませんが、肺気を始め肺腎及び肺脾の気を損ねたバロメーターです。
選挙が終わった今、早く肺腎及び肺脾を補う漢方薬で損傷された体を癒してもらいたいです。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 中西医結合. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)