眼瞼下垂、ハードコンタクトのせい?


昨日の夜のテレビ番組で、ハードコンタクトレンズの誤使用によって、眼瞼下垂をひき起こし、実年齢より「老け顔」になった方を紹介していました。
コンタクトレンズの誤使用以外にも眼瞼下垂で悩む方は少なくありません。
中医学では、瞼(まぶた)は脾と強く関連があり、瞼の下垂の原因のひとつに脾気虚が考えられます。
脾気が弱く、脾の上昇する性質が発揮されないと精気が瞼に届かず発生します。このタイプの方は、瞼の下垂の他に胃や腎臓の下垂や、美容で言えば年齢に伴わない頬のたるみ等で悩んでいる場合もあります。
その他に常に疲れやすい、食欲が細く顔色に艶が無く元気がない、などなどがあれば、この病証を脾気不昇といい、補中益気湯や帰脾湯などを主に漢方薬を利用された方がよいでしょう。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)