国際中医師試験の目的


 国際中医師試験をすでに五回行いました。
試験の目的は試験の準備を通じてより深く広く中医学が勉強でき、将来自分の中医学の臨床力をアップするためと考えています。試験対策の講座を実施するのです。
 結果として日本の国民にとって一番良いと判断しています。
 日本では、中医薬学会連合会の試験をクリアできるなら、合格者のレベルが保障できるというシステムを構築したいと思います。
このために、試験対策講座に問題を解釈するだけでなく、中医学の奥深さなどを感じさせ、合格後より多くの患者を治すためにもっと中医学を深く理解しようという素質を育つ必要と考えています。
患者のため、謙虚かつ努力をし続ける国際中医師は日本に多ければ多いほど嬉しく思っています。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)