成人ぜんそく 漢方からどう考える?Ⅰ


今朝のテレビ朝日で放映された内容は、大変興味深い内容でした。
近年、成人のぜんそく患者が増加しているそうです。
この病気は、主にアレルギー性の疾患に属し、発症に至る原因となるアレルゲンの種類は様々だそうですが、アレルゲンの種類が明らかにならない患者が多いということです。
発症に至る特徴は以下の通りです。
・感冒(カゼ)によって発症することが多く、カゼが長びき病院でぜんそくの診断が得られない場合が多い。
・発症年齢が比較的高く、30代以降の方が発症することが多い。
・疲れた後に発症することが多い。
・ストレスが重なった場合に、発症することが多い
・深夜から早朝にかけて発症することが多い。

さて、中医学からどう考えたらよいのでしょうか。
中西医結合の立場から紹介したいと思います。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)