人口減少。政治家の皆さん、本治対策してください


2012年8月7日総務省は日本全国人口は前年より26万人ぐらい減少することを発表しました。その中で注目すべきことは、転出人口が転入より多いということです。
なぜでしょうか。若い世代の就職難や消費税率の増加など、日本の居心地が悪くなったために転出人口が増加したのなら、これは大きな問題ではないでしょうか?
中医学の整体概念からみると、居住場所、気候、食べ物が異なれば、同じ病気であっても病理が変わり、治療方法が異なってきます。諸外国の政策は参考までにして、日本独自の治療が必要と感じます。
政治家の皆さんには、転出人口が増える理由をきちんと調べて、それに相応しい「本治」の政策を取っていただきたいものです。


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)