蒸し暑くなりました、西瓜と西洋人参 気陰を守りましょう


この数日、ようやく夏本番といった気候に戻り、「蒸し暑い」の一言につきます。
この「蒸し暑い」を中医学からみると、「暑熱」が非常に盛んでいる状態のことをいいます。
暑熱には、発散と熱の性質があります。この場合の発散は、元気と津液(元気が入った水分)を外へ放出してしまい熱中症をひきおこす原因になります。蒸し暑い季節の養生法は、体の元気と津液を守ることが非常に重要です。こんな日は、西瓜を食べましょう!
西瓜は、熱を冷まして津液を補うことが出来ます。
更に良い方法として、西洋人参があります。西洋人参は西瓜の効果の上に、元気を補う力が非常に強いでので、熱中症の予防や夏負けを防ぎ、元気に夏を乗り越えることができます。特に高齢者の方には、お茶にして飲んでほしい生薬の一つです。


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)