国際中医師合格の目的


国際中医師試験に合格したら何ができるのか?このような質問を頂くことがあります。医師・薬剤師以外の職業では、どんなことに役立てられるかお聞きになりたいのでしょう。
国際中医師試験に合格するために、中医学を勉強したいという方が多く、もちろんこの考えに賛成です。しかし一方で私は国際中医師試験に合格する過程で学ぶ「中医学」が、日常の生活に役立てられる素晴らしい学問であることを広く理解してもらいたいと思っています。
例えば、在宅介護に従事する場合、高齢者のお世話する中でお通じが出なければ、体内の濁気を排出することができず全身に濁気が巡るようになり、大きな痛手を体に与えます。頭に与える影響は、記憶力や判断力の低下があり、皮膚に影響を与えればシミや乾燥、かゆみを生じさせます。高齢者の便秘の原因を中医学で理解できなければ、体に負担をかけないように改善してあげることができません。


国際中医師試験に合格することで何ができるのかだけではなく、体の変化をいち早くくみ取って、よい生活環境を整えるための大きな貢献になります。


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

One Response to 国際中医師合格の目的

  1. SECRET: 0
    PASS:
    目的を持つことって大事ですよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)