眠りに悩むお父さんへ「眠り時間計HSL-001」


産経新聞2012年6月8日13版では、眠り時間計HSL-001を紹介されていました。
厚生労働省の平成22年の統計によりますと、3人に1人は睡眠時間が6時間未満で、寝れない時がある人が半数を超えているそうです。
眠り時間計HSL-001は枕元において、寝具の診断で睡眠の時間を測定する装置で、最近は買い求める人が多く人気上昇中だそうです。
中医学からみると、「睡眠」は陰陽交流、精気再生を行うための大切な時間です。入眠困難・睡眠時間の不足・眠りが浅い・睡眠中に物音などですぐに目が覚めるなど、睡眠の質の低下した状態が長引くと、五臓の虚弱を招くことにつながる恐れがあります。夜になったら心身を休める。当たり前の積み重ねが、病気をおこさない体を作ります。
臨床では、不眠の治療によく帰脾湯、天王補心丹、酸棗仁湯などで治療していますが、実証による不眠症もあることを忘れないで下さい。安易に新薬に頼ることは薦めません。


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 漢方薬. Bookmark the permalink.

3 Responses to 眠りに悩むお父さんへ「眠り時間計HSL-001」

  1. SECRET: 0
    PASS:
    最近、睡眠の大切かを認識し、その重要性を身にしみていたところです。参考にさせて頂きます!

  2. とらむ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    腎の時間に熟睡するように生活リズムをかえている最中です。 快適起床を目指します。

  3. tougi says:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)