GWの後遺症を乗り越えましょう


GWが終わりましたね。
普段の生活リズムが変わってしまい、休み明けは仕事モードになれませんね。
中医学では、長い間座り続けたり、横になりすぎると気滞が生じやすくなり、また活動が過ぎると気を傷耗するなどの「後遺症」が残っていると考えています。長い休みを上手に過ごすコツは陰陽のバランスをとることにあります。気滞が生じる方は軽く運動して気を動かしてください。気を傷耗した方は今日早く寝ましょう。



漢方を活かそう!! 

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)