沢穂希選手の復帰


良性発作性頭位めまい症で休養されていた沢穂希選手が53日ぶりに試合に復帰したニュースをみました。この病気は高齢者や女性に多くみられそうです。
めまいは中医学では「眩暈」とういう病証名で呼ばれます。
病気を引き起こす原因は、①悩み事などが長く続きストレスや感情の乱れが原因となる肝陽上亢、②女性や脾胃が弱く気血を補充できないためにおきる気血不足、③加齢や過度の疲労の蓄積によっておきる腎精不足、④飲食の乱れが原因となる痰湿中阻が挙げられます。
めまいは、臨床でもよくみられる病証ですが、原因もいろいろと重なり複雑ですし病状に軽重があります。平素から過労や過度のストレス、飲食の乱れによる脾胃への負担が生じないよう、また特に女性は「血」が不足しがちですので、気血を補うことがとても大切です。
ようやく復帰した沢選手。元気な姿で活躍されることを期待しています!

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 中西医結合. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)