巻き爪の原因


巻爪の原因を聞かれました。
巻爪は、足に合わない靴を長年履いたり、足の指先などに負担のかかるスポーツによって起きるそうです。
治療は外科的な治療が中心に行われています。
中医学で巻爪を考えたいと思います。
先ず爪は肝に属し、肝は蔵血、そして「体は筋(すじ)に合し、華は爪にある」としていますので肝の状態は爪にも反映されます。
肝の蔵血(血が蓄えられる)されなければ肝血不足となり、爪や筋肉に栄養が届かず健康な状態ではなくなります。
その他にも肝鬱気滞、?血など様々な病理状態にとも関与するかもしれません。
漢方を学ぶことで外的な治療方法以外にも、治療方法の選択が大いに広がります。


→漢方学ぶ 漢方活かそう← 

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

2 Responses to 巻き爪の原因

  1. SECRET: 0
    PASS:
    巻き爪は、深爪、靴やタイツなどの圧迫、白癬などによる乾燥でなりやすいようですね。
    それから、外反母趾や指上げ足による足趾の機能低下も影響しているようです。
    遺伝らしき方も多いです。
    気になって調べてみたら、やはり肝虚、肝血の不足で爪の成長が阻害されて巻いてくる、肝実だと逆に反る?など、東洋医学の面からも参考になりそうな記事をいろいろ読む事ができました。
    今後の施術(鍼灸等)のヒントになりそうです。
    ありがとうございました!

  2. tougi says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >さいたま巻き爪センター(さいたま中央フットケア整体院)さん
    コメントいただきまして、ありがとうございます。肝血不足を判断してから、またその原因、どこまで進んでいるかをみる必要があるかもしれません。ご参考まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)