秋にも花粉症が発生する



私は、秋になると花粉症を発生します。
症状は鼻詰まり、鼻・喉、目が痒く紅い、クシャミ、
鼻水(透明の場合に多い)、口唇の乾燥、、口渇き、
いらいらして、冷え気味などです。

 
小青竜湯と麦門冬湯などを併用し、
効果があるものの、症状がやはり繰り返しています。


花粉症の患者の苦しみが非常にわかります。
これは、もっとアレルギー性鼻炎の治療方法を勉強し、
もっと効き目がある中薬を開発していこう
という原動力でもあります。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)