理解力の養う!


国際中医師アカデミーの教育方針の一つに理解力を高めることを挙げています。
このためにテキストを読み、どの位理解できているかをチェックすることは不可欠です。
「理解を深める」ことは、聞いたり本を読んでわかることではなく、
自分の言葉で説明できることだと考えています。
臨床の場で患者さんの話を聞きながら、
テキストを開き「どれどれ・・」と確認するわけにはいきません。
問題点を把握し、正しく弁証論治を行うために自分の言葉になるまで理解を深めて頂きたいと思っています。
テキストと練習問題の繰り返して頂くことの目的は、
臨床に対応する能力を高める為に中医学による体と病気を分析できる土台を作らなければなりません。
中医学による分析土台がしっかりできなければよい治療はできません。
要点、概念、別名の表現、特徴を強調し文字で理解を深め
さらに練習問題によって分析土台をしっかり構築してください。
問題は3つのタイプあります。穴埋め問題、正誤判断問題、選択問題です。
http://tcm.ac/ks.html

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)