三酸化砒素と白血病の治療



大変興味深い報道を見つけたのでご紹介します。

2011923の≪中国中医薬報≫の報道で、白血病の治療に対する

三酸化砒素の有効性についてハルピン医科大学の研究が紹介され、
急性前骨髄球性白血病(acute promyelocytic leukemiaAPL
の治癒率は91%だそうです。

研究者は張亭棟教授です。
研究のきっかけは、
40年前から食道癌の治療に漢方薬(処方名の記載はなし)を服用させたところ

多くの患者が食事ができるようになり、
検査の結果、癌が縮小したことが判明したそうです。


この経験から、漢方薬の原料となる中薬に対する様々な研究がすすめられ

今回、研究成果として報告されました。
ご存知のように中薬(生薬)には、
有毒な成分が含まれていることもありますが、
炮制や配合によって疾病に対する有効性を高める技術が伝えられてきましたが、
このような治癒率の報告をみると難病の治療に対して光を見い出すような気持ちです。

今回の報道を読み、中医学には宝物が数えないほど潜んでいると感じます。

中医学に対する感動を皆さんと共有し、
また中医治療を目指す方の自信と希望につながることを願っています。
http://tcm.ac

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)