電脳眼茶 枸杞子、菊花 パソコンの眼の疲労充血



今日は、第七回
日本国際薬膳師総会が開かれ、記念講演を行いました
講演では、 「電脳眼茶」について紹介しました

最近の中国はパソコンの普及が大変進んでいます。


 パソコンによる職業病も生まれています。
 視力の低下、乾燥、視力低下、目の充血などの症状が
 多くなっている中で、 電脳眼茶が人気が集まっているそうです
 電脳眼茶:菊3g 枸杞子6g 水500ml
 沸いたお湯に入れて5分間で煮ます
 毎日、飲んでいただきます。

 中医学の観点から見ると


 電脳眼茶は滋養肝腎、清熱明目
(じようかんじん、せいねつめいもく)

 という働きがあります


 冷え性の方に要注意です
 3生姜を加えれだ方が良いということです。
 日本国際薬膳師会の皆さんは中医学の理論を基本にして
 体質に合わせる薬膳を展開していくそうです。
 皆さんの活躍を応援します。

 
 
P1020241.JPG

                    会場の写真

  

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)