大好きだった松田直樹選手、さよなら


 
松田選手はまだ若く、最高のDFと評価されています。
練習中に心筋梗塞となり、亡くなったそうです。本当に残念で仕方がありません。
今日の毎日新聞18面にサッカー界では、
過去にもプロ選手が試合中に心筋梗塞で亡くなった情報を紹介されていました。
記事の中で予防方法として水の補充、休憩をとること、AEDの設置などが挙げています。
中医学で心筋梗塞は、「胸痺」(きょうひ)に属する病気です。
胸痺の病理の基本の一つに胸陽不展により
心臓に?血が生じ、肺の呼吸と主気という機能を失うことにあります。
胸中の陽気が広がることができず、病状を引き起こします。
最近は、熱中症予防として天気予報でも注意を促していますが、
中医学では心筋梗塞を防ぐために、心気と肺気を強化する必要があると考えます。
心気と肺気の強化は、心筋梗塞を防ぐだけでなく
スポーツ技能を高めるためにも必要です。

例えば、生脈散、西洋人参などを練習中に服用するなどの方法がお勧めです。
水を飲んでも口の渇きが取れないようなときは、特に気をつけましょう。
http://tcm.ac

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)