田園と都会の憂鬱 その原因  心の病気 養心法


  社会の文化、科学技術がどんどん進んでいる中で、
  皆さんの生活レベルも高くなっています。
  でも、憂鬱の方がかえって多くなるということです。
  最近にある若者がいきなり「死にたい」とメールで書いています。
  原因はいろいろあり、人により、憂鬱の原因がちがいますが、
  共通点は心の病気ということです。
  なぜ、2千年前から今まで、生活が随分によくなってきましたのに、
  なぜ憂鬱という心の病気の発病率がかえって増えてきますか。
  日本では、有名な小説《田園の憂鬱》の中では、
  昔に不安と憂鬱に閉ざされた青年詩人のことを書いているそうです。
  また、同じく、現代の大都市でも、《都会の憂鬱》もあります。
  結局、年代も場所も関係せず、心の病気があります。
  中医学の養生方法では、一番目は心を養うという「養心法」です。
  ということは、憂鬱を予防したり、治療したりすることは
  自分の心にあります。「養心」をしましょうね。
P1010285.JPG中国東北の田園一角
    

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)