本当の国際中医師になるには1


生きている臨床力を身につけるために
 ① 勉強の目標をはっきりする→治癒率の向上、皆さんの健康に役立つことです。
②学術の交流が必要です 
ある薬の販売のためのイベントではなく、診断力のアップ、皆さんが学術の交流活動を通じて共に成長すること
③強者にとって自分が足りないことを常に気がつく
この環境作りに努力し続けるのが大切です。
④レベルの高い臨床研修
生の模範的な弁証論治の方法を理解することは、弁証論治のレベルアップ及び自分の不足を深く見つけることに欠かせない重要なステージです。生きている臨床力を持つこそ、治癒率が高められる唯一な道でしょうか。
来年の臨床研修をもっと上手く良くするように手伝いさせていただきます。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)