透析人口、30万人って



 今日、7時半のNHKの番組で、紹介された腎不全の患者の人数は
 
 1968年の256人で、2011年の30万人まで増えていることにびっくりしました。
 腎機能が20数%まで落ちる前に気が付かない方が多く、
 いったん発見したら透析を受けなければならないケースが多いそうです。
 中医学の立場でみると、腎不全が発生する前に腎虚、?血、痰湿などによる症状が多く見られます。
 問題なのは、日本に中医学の診断ノウハウを持つ方は少なく、
 ?血がどこにあるか、どの程度まで発展しているか
 腎虚があるが、どの臓器に影響を与えているか、痰湿が?血と絡んでいるか、などが
 判断できないからです。有効な予防治療の方法があるのに、正確に使用できないのです……
 国際中医師アカデミーを設立する目的の一つは
 より多くの方が中医学の弁証論治のノーハウを身に着けてもらい、
 正しく診断した上で、体の病態に合わせて正しく漢方薬を投与することにより
 多くの患者に喜んでいただきたいことです。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)