通学も、マンツーマンも超えた?!




一般的にオンライン学習の不安はどこにあるのでしょう?

「本を読んでわかったような気がするけど、本当にわかってるのかなあ?」

自分だけだと不安になりがちですね。

国際中医師アカデミーでは、そのような心配は無用です。

まず、細かなユニットごとにネットでの確認テストがあり、合格点に達しないと次の項目にいけないようになっています。

一歩ずつ確実に前進していくしかないシステムにしているのはなぜだと思いますか?好きな項目だけ手っ取り早く勉強したいと思う方も多いでしょう。

しかし、漢方について自分の知りたいところだけをかじる、というのは、実は非常に時間の無駄であり、力をつけられない原因のひとつです。

一歩ずつ、基礎から理解を積み重ねていくことが、複雑な弁証をしていく際に不可欠な力となっていきます。

その問題数は、国際中医師本試験の過去問からの抜粋も含め、なんと5000問!選りすぐりの問題ばかりです。

当校では穴うめ、正誤判断、選択肢の3タイプ用意しています。

<サンプルはこちら↓↓>
サンプル練習問題

自分でわかってないところというのは、自分ではわからないことが多いものです。

だから、インプットしたらアウトプットする!

そうすることで、今の自分がどこまでわかっていて、何がわかっていないのかをはっきりさせて、弱点強化にも最少の労力で効率よく取り組めるよう、テストや丁寧な解説までが搭載された本格的なeラーニングシステムです。

<解説例はこちら↓↓>
解説例をご紹介

きちんと勉強していれば解けますし、勉強していなければ解けません。
国際中医師アカデミーは、テキストを渡しっぱなしにはしませんよ!
疑問があればいつでもスタッフや講師に相談できますし、何度でも復習できる。
そして好きな時間に好きなだけできる!

やる気があれば、システムを最大限に活かして通学よりも深く学べます!

「課題は全部こなしたし、テストでもばっちり!もっと早く進みたい!」という人は、3ヶ月のカリキュラムも2か月で短縮して終了することも可能です。(要確認)

その人の努力に、アカデミーも全面協力します。

通学もマンツーマンも超えた学習システムを是非体感してくださいね。


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)