雪の中、冷えた足を守る


記録的な大雪に見舞われ、足元が気になります。

雪の中、スニーカーなどで歩き濡れたまま放置すると
「寒湿」という邪気が足元から入り体に大きな影響を及ぼします。

「寒気」と「湿気」は、肝脈と腎脈に沿って肝腎に侵入すると
男性では、男性器が縮まりインポテンツを引き起こしかねません。
また女性では、月経痛、冷え症、不妊症の引き起こします。

足元が濡れて冷たくなったら、
生姜と黒砂糖を数分煮込んだ者を飲みながら足湯につかります

足湯をすることで軽く発汗させて体内から寒湿を追い払います。

家に帰ったら早速試してください。


2014年2月8日大雪 

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)