骨粗鬆症


骨粗鬆症による骨折や痛みの発生の治療では、虚証と実証の鑑別がまず必要です。

時に、固定観念のように痛みの原因を、「不通則痛」(通らなければ、すなわち痛みが生じる)ととらえて活血剤などを選択する方も少なくありません。

虚労の弁証論治では、気血陰陽を幹とし、五臓の虚証を枝葉と考え、先ず気虚、血虚、陽虚、陰虚などを鑑別して、次に病気の部位を判断します。

治療に当たる際には、十分に虚実の鑑別に心がけて弁証論治を行ってほしいと思います。

骨粗鬆症の治療は非常に難しいですが、痛の原因を治療することが肝要です。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)