秋のスキンケア 肺


秋は乾燥の季節です。空気が少しずつ乾き始めると皮膚も乾燥して、場合によっては痒みが生じる方もいます。
スキンケアのために、先ず保湿効果のある化粧品をお使い頂くことと、更に肺の手入れが大切です。

中医学では、皮膚の潤沢は肺の働きに関与すると考えています。
また秋の季節は「風燥」の時で、風燥は、肺を傷つける特徴があります。その為、皮膚は肺から栄養を受け取れず乾燥して艶を失います。
喉が乾燥して痒く感じたり、乾燥した咳、普段より便が硬くてコロコロするなどが見られたら、まず菊花と生脈散で風燥から肺を守りましょう。



菊花相片1
菊花の写真

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)