目眩と目昏


中医専門書には、症状を現わす専門用語がたくさんあります。理解が間違えやすい症状に目眩と目昏があります。この二つの症状は、理解が曖昧になりがちです。
目眩は、目がくらみ頭がクラクラするなど、いわゆる「めまい」を指します。目昏は視野がぼやけはっきり見えないことを指します。
目昏は虚証に多くみられ、目眩は虚証だけではなく、実証と虚実混雑に見られます。診断が異なれば用いる漢方薬も異なります。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)