癌を患った方のおはなし


知人から癌を患った友人の話を聞きました。
60代の彼は前立腺癌で当初、抗がん剤による治療などを行いましたが、次第に日常の生活で様々な不便が生じるようになりました。
この方の治療過程及び心理的な悩みを紹介したいと思います。
病気を患う方やそのご家族がそうであるように、少しでも「治したい」という願望から彼は、常にインターネットを通じて多くの情報を集めています。
いろいろ調べるうちに化学療法と距離を置きたいと考えるようになり、漢方薬によってガンと闘う力を高められないかと考え、漢方薬の服用を始めます。
服用を始めてから、体調は随分好転しましたが、病院の検査で腫瘍マーカーの数値が上昇したり下降したりを繰り返したため、不安が募り腫瘍マーカーを下げたい思いで再び化学療法を十回目まで受けました。
その結果、体はひどく衰弱し歩けないほど悪くなり、食欲は殆どない、便秘が酷いなどの状態となり、以前とはまるで別人の様相になりました。
腫瘍マーカーの数値にこだわり自分自身の身体の声に耳を傾けられず、今非常に悔やんでいます。
もっと適切なアドバイスができる方に巡り合っていればと、思わずにはいられませんでした。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー, 漢方症例. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)