病名診断について


中医学は中国に伝わる伝統医学で、その診断方法や治療に用いる漢方薬の選択には、西洋医学とは異なる独特の方法があります。
中医学では、まず病気の診断が必要になります。
中医学における「病名」は、主に病気の基本病理と症状の特徴を反映するものです。病名の診断は主に病気の発生や症状の特徴が含まれています。この意味で漢方の相談を聴く側は、中医学的な『病名診断』をしなければならないと理解しています。
中医学的な病名の診断が正しいかどうかで、選択した漢方薬の効果にも大きな差が生じます。
中医学を活かすためには「土台」が必要です。この土台は、中医学の専門用語を正確に理解することです。この「専門用語」では、当然病名の意味を含めています。
もし、中医学による病名が診断できない方に出会ったら、中医学の学習レベルが乏しいと判断しても良いかもしれません。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)