脳梗塞から認知症へ 父のこと4


複方丹参片と杞菊地黄丸を一緒に服用させた目的は、「補腎活血」です。
父は88歳になり、腎精不足、肝陽上亢の状態とともに、瘀血もあります。脈は上実下虚の病理状態を反映しています。
中医学で肝陽上亢の治療方法は比較的多く、診断と治療に誤りが生じやすい証候です。肝陽上亢の基本病理は、「本虚標実」です。
私は、杞菊地黄丸で本虚(肝腎不足)を治療して、複方丹参片で実を治療することにしました。即ち中医学の扶正袪邪の治療原則に従いました。
もし、私が、活血だけを目的に複方丹参片だけで治療すれば、肝腎を傷つける恐れがあり、また杞菊地黄丸だけで治療すれば、瘀血を酷くさせる恐れもあります。
中医学長く勉強し応用して、効果的に父の症状が改善することができたことは、非常にうれしいです。

中医学のインターネット学習 は、主に基本概念、中医学の考え方、弁証の基本、論治の要点を学ぶことにあります。
複方丹参片
image

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー, 漢方症例, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)