素晴らしい質問


国際中医師アカデミーの受講者からこのような質問がされました。熱邪壅肺、痰熱壅肺、肺熱熾盛では、類似症状が多くあるため鑑別診断の要点について質問されました。
本当にびっくりしました。同時に大変うれしい気持ちです。このような質問は数年或いは十数年中医学を勉強していても気づく方は少なく、また解決できない問題だと思います。
ネット上に掲載している多くの問題を解いたことによって、ご自分の問題点、不足している部分に気がつかれたのだと思います。このように学習するにつれ、増々勉強の意欲が高まり、そして課題を解決する力も向上するのが分かりました。
質問した方は病院のドクターですが、このようにどんどん努力していけば臨床の名医の道も遠くないでしょうし、何よりこのような先生に診察して頂くことができれば、病に悩む人達に希望を与えてくれるのだと感じました。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)