香港の情報1 外熱屋冷


香港の中医学の実情を調べるために香港を訪問しました。
空港は大きく広々としていましたが、思いのほか静かでした。バスに乗って市内に移動中に先ず感じたことは、冷房が凄まじいほどよく効いていることです。香港の冷房が強いことは聞いていましたが
、これほどとは思いませんでした。バスから降りるとカゼを引きそうなほどの冷風からやっと解放され、「ほっ」としたところ、今度は蒸し暑さに苦しみました。屋外では湿気がすごく、屋内では真冬かと思うほどの寒さです。このような環境下を「外熱屋冷」といいますが、体の陽気と津液をかなり損ないます。
陽気が損なわれるとカゼを引きやすくなるので、香港に行かれるなら風邪を引かないように、長そでの服は必需品です。そして麻黄附子細辛湯なども大いに役立ちます。


国際中医師アカデミーとうぎ先生の【中医学日記】

香港上空

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)