素晴らしい灘校の教育!


一昨日の教育に関する番組で、灘校の変化が紹介されていました。
「滑り止め」の学校から、最高の学校に変身したきっかけは、橋本武先生だそうです。
彼の教育方針の一つに「すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなること」があります。
国語の講義で、≪銀の匙≫という小説を生徒たちに読ませることで言葉の大切さや、
知識として役立ち身につけることを目的にされたそうです。

これらの努力によって子供たちの成績は伸び、
東大に入学する学生さんの数が全国一位となったそうです。
中医学にも漢方医薬の扱いにも「すぐ役立つ技」は存在しません。
すぐ役立つ漢方は、結局すぐに忘れてしまいます。
国際中医師アカデミーを設立する目的に、
基本の概念から中医学を深く理解し、
分析力、判断力、成長力、治癒力などを伸ばす土台を作ることにあります。
http://tcm.ac/staff.html

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)