中医学の専門用語や概念を説明できますか


今まで私が講義をして感じたことの一つに、
説明を聞けば理解できるのに説明を求めると
正しく説明できなかったり、なんとなく曖昧な回答になることが
しばしばありました。
これは、望文生義(文字だけで意味を見当つけること)という現象です。
「望文生義」は中医学の学習に大敵で、
臨床での誤診の主な原因の一つでもあります。
説明されて理解ができることと、自ら専門用語や概念を表現できることは、
理解の程度に大きな差があります。
アカデミー開講にあたり、
この「望文生義」の現象を解決したいと考え、
穴埋め形式と正誤判断形式
の二種類の問題形式を採用しました

http://tcm.ac/

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)