台風15号!生姜、焼酎お湯割りで体を守れ


 台風15号が日本列島を縦断しています。

今回の台風の特徴は風速が25メートル、気温が25度前後、豪雨です。

中医学から見ると、このような天候の時には風湿、寒風湿が強いと考えています。

対応方法を提案させていただきます。

一つは?香正気散を服用してください。

二つ目は、擦りおろした生姜汁を加えたお湯を飲んでください。

?香正気散と生姜は寒湿、風湿を治療する働きを持っています。


三つ目は酒好きの方なら、焼酎のお湯割りをつまみを食べながら飲んでください。

お湯割を進める理由は、汗を出すためです。

台風が運んできた風湿あるいは風寒湿を汗と一緒に出してしまう必要があるからです。
体内に風湿や風寒湿が残ると皮膚病や痛みの病気の悪化させたり、再発に繋がります

ご参考まで

http://tcm.ac/staff.html

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)