血虚の診断① 国際中医師問題


国際中医師の試験問題を紹介します。

患者、2ヶ月前の出産時に出血が多く、ここ1ヶ月は眩暈耳鳴、視力減退、夜寝多夢、時に心悸、手足麻木がある。面色淡白、舌淡白苔白、脈弦細。その証候はどれか?

A.心血虚

B.心脾両虚

C.肝陰虚

D.心肝血虚

E.肝血虚


正解はDですが、なぜでしょうか。
この問題では、出産後には、少なくとも五つの発症機序がある事を知る必要があります。
この五つのタイプの治療方法は、それぞれ異なります。
なぜDが正しいかについては、次回に検討したいと思います。

http://tcm.ac


About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)