ご意見をいただきました


昨日、国際中医師アカデミーのオープンをお知らせした友人から早速、連絡がありお目にかかりました。彼は、泌尿器系のガンの専門医で、時折医学の交流を行っています。
今回の国際中医師アカデミーでは、オリジナルテキストに拘ったので彼に
中医基礎理論テキストを紹介したところ、今までにない中医学の説明であると褒めて頂きました。
西洋医学の分野でも専門的な知識を誤った解釈の元で使われることも多いそうです。中医学に携わる私は、この話を聞いて全く同感しました。
学習知識を得ることは、基本的な概念を理解し、専門分野で応用されるべきではないでしょうか。私たちは、医学の分野は異なるものの、専門用語の正しい認識が必要であると共通した意見となりました。

また、病棟における漢方薬の実例をホームページで紹介して頂ければ、多くの医師の励みにもなるといわれました。このような症例の紹介は、医療現場で漢方薬を認知していただける良い機会になるので今後の課題にしたいと思いました。
基礎理論心腎、肝鬱など.jpg
 
 http://tcm.ac

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)