国際中医師アカデミーオープンまでの道のり5


テキストの内容 ~中薬学編~中薬学では、
漢方薬の原料となる「中薬」(生薬)の功能効果を学びます。

中薬が病気を治す非常に重要な武器の一つです。
漢方薬特有の性質と功能効果を理解することにより
体質に合わせて中薬の選択が可能になります。
具体的には食すことが可能な中から選ばれ疾病の治療効果を有するものを指し、
植物、鉱石、動物などが含まれる。
中薬学を学ぶことで治療に必要な中薬が正しく選択できるようになり、
漢方処方の功能効果への理解も深まるようになります。
本教科は、総論と各論があります。
http://tcm.ac

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)